テスト計画書にテスト範囲を書く時に気を付けたいこと

1.テスト範囲はどこまで記載するか
テスト範囲の認識がズレていたことで失敗したプロジェクトを数多く見てきました。

なぜ、認識がズレるのでしょうか?

それは、曖昧な記述のまま進めてしまうからです。
例えば、会員登録機能のテストをする場合、

悪い例)
テスト対象機能:
・会員登録機能

良い例)
テスト対象機能:
・会員登録機能

テスト対象画面:
・会員情報入力画面
・会員情報入力内容確認画面
・会員登録完了画面

テスト概要
・新規登録
・既存会員情報変更
・会員退会

いかがでしょうか。
悪い例では、会員登録機能が何処までの範囲かが不明確ですが、良い例の方は会員登録機能の確認範囲は「会員情報入力画面」「会員情報入力内容確認画面」「会員登録完了画面」であり、「新規登録」「既存会員情報変更」「会員退会」処理を確認することが明確です。

この様に記載することで、「会員登録機能はユーザ側の画面だけてなくて、管理者画面側もテストして欲しい」など、認識のズレを事前に解消することができます。

悪い例では、計画書記載者は会員登録機能は「ユーザ側の画面だけがテスト範囲」と思っていて、計画書承認者は「管理者画面も範囲に含まれている」と思ったまま進んでしまい、後で問題となるのです。

2.テスト範囲の具体例
・対象機能
・対象画面
・テスト概要

を明確に記載する

例)会員登録機能の場合
テスト対象機能:
・会員登録機能

テスト対象画面:
・会員情報入力画面
・会員情報入力内容確認画面
・会員登録完了画面

テスト概要:
・新規登録
・既存会員情報変更
・会員退会

広告